4日目 オ・ペドロウソ/O.Pedrouzo-サンティアゴデコンポステラ/Santiago de Compostela 約19.8km 5時間

  • サンティアゴ到着の日!

今日は一番距離が短い日なので、7時出発。毎日日の出を見るのってとても不思議。

IMG_7027.JPG

ヨーロッパのお墓はいつも綺麗だと思う。そしてマンション式なのだろうか。。

IMG_7032.JPG

カフェでビールを飲んでいるとなんと! 孔雀!? 人の食べかすを真横でつついてる。

IMG_7053.JPG

まあなんとカミーノで出くわした動物たちはみな人間慣れしすぎ。。

IMG_7061.jpg

そんなこんなで、サンティアゴの街に入ってきました!

着いたー建物は立派! でも残念、修復の為、青いネットがいたるところにかけられている。。。

IMG_7062.jpg

周りには広場や、レストラン、バーが沢山。今夜はお祝いをする人で賑やかになるんだろうなーと。。

IMG_7079.jpg

毎日のように食べたプルポ=タコ、沸騰した大鍋の中に丸ごとドン!と投げ入れ、茹で上がったら豪快にぶつ切りにして、塩、パプリカペッパー、オリーブオイルで頂く、特に日本人の口には最高に合う食べ物。

IMG_7081.jpg

今日のお昼はちょっと変えてムール貝と勿論ビール

IMG_7089.JPG

忘れてはいけないのが、クレデンシャルオフィス(証明書発行所)サンティアゴまでの道のり、100km以上歩いた人はここで日本でいう証明書がもらえるので、クレデンシャルパスポート持参お忘れなく。この横の建物には郵便局があるので、日本の実家に葉書を送りました。

IMG_7105.jpgIMG_7454.jpg

教会の中に実際はいって、、、あまり感動はない。。

なんだろう、、感情のない、無の感じでした。勿論感じ方は人それぞれ、、、感無量にも、感動することもあるに違いない。。

IMG_7110.jpg

教会の外では大道芸人達がちらほら見受けられる。。

IMG_7116.jpg

待ってました、夜ご飯! やっぱり食べ物が一番感動する。。

IMG_7120.JPG

ここでガリシア地方へ行ったら忘れてはいけないのが、マリスカーダ!様は鉄板焼きシーフードの盛り合わせ、これは高級料理でバルセロナやマドリッドではガリシア料理店でしか食べれませんが、現地、ガリシア地方では2人前が、3040ユーロほどで食べれます。美味、、なるべく人を多く誘ってわいわい食べるのがオススメ。今夜は自分へのご褒美に、、、

IMG_7121.jpg

食後、道を共にしてきた巡礼者達からの心温まるメッセージを食べ終わったホタテに頂き、最高のプレゼントをいただきました。

IMG_7434.jpg

食べ終わると、通りでは個々長い道のりを経てサンティアゴに着いた人たちがわいわい、祝福パーティーの始まり!

IMG_7144.jpg

お祭りモード満載、静かな聖夜を過ごしたい方は、中心地から外れれば大丈夫。

IMG_7146.jpg

本当なら夜通し遊びたいのを我慢して1am、明日から始まるフィステーラへのカミノに備えて渋々就寝。

スタディサプリ ENGLISH

コメントを残す