6月1日 カサドゥサルダオ(casadosardao)ーモウガス(mougas) 約47km 11時間

長〜い長〜い1日の始まり、、、、

地図上での計算によると約41km歩くことになる今日、

 

出来るだけ朝の涼しいうちに距離を稼ごうと早起き、、、5時半に宿を出てきたのであっという間に、カミンハcaminha手前のアンコラancoraの街に、、

朝7時半頃、日の出の時間だけど、雲があって海岸沿いを長距離歩くのにはもってこい、、、涼しくて気持ちがいい、、、

っと思ったら工事してるけど、脇道が通れてなんとか通過、、

 

これまた通れるところと通れないところの看板があるけどいつの話か不明なのでとりあえず前進するのみ、、、

運よく通過可能、、で変わった花に惹かれ、

ポルトガルも6月は紫陽花の時期なんだなぁ、、いたるところに満開の綺麗な紫陽花が咲いている。。。

もうほぼカミンハcaminhaの街に入りかけたところでさすがに国境越え、スペインに入る前にコーヒーをと、、、おじさんはたった1人の客がやってきたので試行錯誤してテレビをつけてくれたが、、、ディズニー?! いくつだと思われてるんだろう。。とりあえず優しい気持ちに感謝して、、、

給水所は時々見かけるけど、ここのは顔になってて可愛い。そういえば幻のワインが出てくる給水所にはまだ出くわしてない。。。

さすが港町カミンハ、銅像が魚釣った漁師!?

街の中心部に入ってくると賑わいが、、ここでポルトガル最後の土地、、なんだか名残惜しいけど、、

店を物色、キョロキョロして気を取られてたら街中で迷子になった!巡礼の貝もポルトガル最後の最後でやっと見つけ、2ユーロで買い、ちょっと高いな、、などとけちくさいことを思ってたら、、ぐるぐる回り、人に聞いてやっとフェリー乗り場発見!

この下をくぐって、、、

ブースで1ユーロでチケットを買い、10時発とのこと、あと5分!慌てて乗り込んで、、、

結局出発したのは10時10分頃、日本じゃないからそんなきっかりに出ることはないよね。。しかもフェリー乗り場、ポルトガル最後の地でスタンプを押し忘れたのをいきなり思い出した時は手遅れ、、、

さようならポルトガル、、、車や、自転車も一緒に乗って、

人は2階の席に座り、

買ったばかりの貝をカバンにつけ、(ちょっと小っ恥ずかしいけど、)

オラ!エスパニャ! わずか20分ほどで国境越え終了。。。

懐かしの石像! でも距離は書いてなく、空欄、、、

スペインのフェリー乗り場ではスタンプを忘れず記念に押してもらって、

フェリーにさよならして、、、

ここからが急な上り坂、、5分ほど歩いただけで海が見渡せる。。。

ここで大変なことに気づく、、、時間がおかしい、そうだ、スペインに入ると1時間時間が進む、、、てことは宿に着く時間も思っていたより遅くなる、、、今回の旅の中で1番長い距離を歩く日にやってしまった。。。

自分のアホさに嫌気がさすけどどうにもできないので、、、先を急ぐしかなく、、テクラ山を抜け、、

グアルダ(guaruda)の街中、、腹ペコなので美味しいランチが食べたいのだがいまいちピンとくるレストランがない、、水を買った所のデリのおねいさん曰く海岸沿いのほうに行くともっと美味しい海鮮レストランがあるとのこと、、、結構遠回りになるからと迷うものの食欲には勝てず41km++いやだなーと思いつつ行くことに、、

結局それでも食べたいものには出くわさず、泣きそうにがっかりして、

カミンハでも街中で買い物に目が行き道外れて++歩く羽目になったのに、、涙。。何をしてるのか、、、

ビールとエンパナーダで喉とお腹を満たし、

海岸沿いを今日あと残すところ19km頑張ることに、、、

とーってもきれいだから文句はないけれども、、、

 

地図上のカフェはもちろんしまってて何も飲み食いできず、

お城の跡地みたいになってる、、

あるけどもあるけども何もないので午後は自分の持ってる水とスナックで生き延びることに、、お昼もまともに食べてないのに、、、死にそう。。。

約3時間後、やっとの思いでオイアの街に、綺麗ーな教会、

くる前から少し張ってた左足膝後ろの筋も悲鳴をあげて、2、3歩毎に痙攣して、本当に泣きそう。。。

Monasterio de Oia

暑くて、汗だくで、日陰がなくて、綺麗な海と自然、牛さん達に見守られて、最後の1、2時間は廃人のように歩いて(ほとんど記憶がない)やっとついたアルベルゲ、

結局着いたのは5時頃、本当だったら4時頃に着くはずが、、、ついた時は波が出るほど嬉しかった。。。しかも個室が15ユーロで泊まれる! 個室じゃない場合は10ユーロだったと思う。自分へのご褒美にもちろん個室にして、、

Aguncheiro

シャワーもプライベート、。。。

兄弟で運営をしてるとか。。。夜ごはんはここで食べれるのか、何時からなど質問だらけの私にとりあえず風呂でも入って休んでこいと笑ってるおじさん、

老人みたいに腰まげて足引きずってユーックリ歩いてる私を見たらみんなそう言うよね。。

シャワーを浴びるのも一苦労、6時のご飯のために頑張って洗濯も済ませて、待ちに待った夜ご飯! 海を見ながらまずはビール、するとなんと!初日の宿からずっと同じ工程で歩いてきて、今日から違うルートに行くと言って朝お別れをしたアリーナが向こうから歩いてくる!どうしたのかと聞いたら、分かれ道にきた時海岸沿いがあまりにも綺麗だったからルート変更をやめたと、、感動の再会だけど、彼女も死にそうな顔をしている、とりあえずここで飲み食いしてるからゆっくりしておいでと告げ、、、

本当に申し訳ないけど足が痛すぎるので椅子に置かせてもらいながらの夕食

そしてピミエントス(ししとう)、日本の夏だねー

ムール貝、激ウマ! 上機嫌で、この後ワインに変更。。。

アリーナも加わり、ワインおかわり、アイスクリームも食べ、気づいたら宿のおじさんたちも混ざりワイワイとあーでもこーでもないと楽しい夜はあっという間に過ぎ、、、明日も約40kmあるので就寝することに、、

部屋に戻りふと窓の外を見ると、サーフィンしてる人が、、寝ても起きても海が目の前にある人生ってすごいなとぼーっと見つめ何気に携帯の記録を見ると今日の合計、47.52km歩いたと?!ありえない、、、




コメントを残す