5日目 サンティアゴ/Santiago de Compostela-ヴィラセリオ/Vilaserio 約34.5km 8時間

 

今日は昨夜のこともあり、少ーし寝坊、7時出発。

とても綺麗な朝焼けのサンティアゴにお別れをして、今日からカミーノ第2弾、finisterreへの始まり!

サンティアゴからフィステーラまでは地図上86.2km このサインでは88.139km どっちでもいい。 因みにライトハウス(灯台)までは89.7km

強すぎる朝の太陽、体いっぱいに浴び、体内時計がしっかり機能しているのを実感。

左下のサンティアゴ教会の形がわかるかなー

心温まるメッセージ

立派な橋 Ponte Maceira

周りをくるっと歩くこともできる。

Negreira でお昼休憩。至る所に巡礼者の銅像

この街でランチ、シエスタぎりぎりの時間でも快くオーダーを取ってくれたお姉さん、優しかった。

トウモロコシ畑と風力発電はスペインでもいっぱいあるんだな。。などと感心。

取り敢えず見つめる癖がついたので。

森が続く、、

続く。。。なんだか思ったよりすんごい長い。。歩けども歩けどもつかない。。。その通り、距離の計算間違えて30km弱と思ったのが実は約35km、そして二日酔い、寝坊。。。流石に疲れた。

アルベルゲ到着した時は感動!そしておすすめ、O’Rueiro, ここはアルベルゲ+カフェレストラン

お姉さんは英語もある程度喋れて、気を利かせて少人数の4人部屋にしてくれ、ベットには簡易の紙シーツがもらえるので清潔感あり。

カニャ=生ビールが美味しかった!食べ物も悪くないけどあまり感動なし。選び方が悪かったのか、セラノハムに惹かれて頼んだはいいが、大量のフレンチポテト、オムレツ、肉にはちょっと残念。なんだかアメリカンな感じ、すぐ近くに人気のカフェ/バー(A Nosa Casa)があるので疲れてても行けばよかったな、、などど反省。

https://www.google.com/maps/place/Restaurante+Albergue+O+Rueiro/@42.943385,-8.8519007,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0xd2edd9b7c1d6f5f:0x62de648a680c8a4c!8m2!3d42.943385!4d-8.849712?hl=en-US

でもこのワインで全てチャラ、今夜も上機嫌、よく寝れそう。。そして明日は今回のカミーノで一番長い距離を歩かなくてはならない。。。お休みなさい。。。



4日目 オ・ペドロウソ/O.Pedrouzo-サンティアゴデコンポステラ/Santiago de Compostela 約19.8km 5時間

  • サンティアゴ到着の日!

今日は一番距離が短い日なので、7時出発。毎日日の出を見るのってとても不思議。

IMG_7027.JPG

ヨーロッパのお墓はいつも綺麗だと思う。そしてマンション式なのだろうか。。

IMG_7032.JPG

カフェでビールを飲んでいるとなんと! 孔雀!? 人の食べかすを真横でつついてる。

IMG_7053.JPG

まあなんとカミーノで出くわした動物たちはみな人間慣れしすぎ。。

IMG_7061.jpg

そんなこんなで、サンティアゴの街に入ってきました!

着いたー建物は立派! でも残念、修復の為、青いネットがいたるところにかけられている。。。

IMG_7062.jpg

周りには広場や、レストラン、バーが沢山。今夜はお祝いをする人で賑やかになるんだろうなーと。。

IMG_7079.jpg

毎日のように食べたプルポ=タコ、沸騰した大鍋の中に丸ごとドン!と投げ入れ、茹で上がったら豪快にぶつ切りにして、塩、パプリカペッパー、オリーブオイルで頂く、特に日本人の口には最高に合う食べ物。

IMG_7081.jpg

今日のお昼はちょっと変えてムール貝と勿論ビール

IMG_7089.JPG

忘れてはいけないのが、クレデンシャルオフィス(証明書発行所)サンティアゴまでの道のり、100km以上歩いた人はここで日本でいう証明書がもらえるので、クレデンシャルパスポート持参お忘れなく。この横の建物には郵便局があるので、日本の実家に葉書を送りました。

IMG_7105.jpgIMG_7454.jpg

教会の中に実際はいって、、、あまり感動はない。。

なんだろう、、感情のない、無の感じでした。勿論感じ方は人それぞれ、、、感無量にも、感動することもあるに違いない。。

IMG_7110.jpg

教会の外では大道芸人達がちらほら見受けられる。。

IMG_7116.jpg

待ってました、夜ご飯! やっぱり食べ物が一番感動する。。

IMG_7120.JPG

ここでガリシア地方へ行ったら忘れてはいけないのが、マリスカーダ!様は鉄板焼きシーフードの盛り合わせ、これは高級料理でバルセロナやマドリッドではガリシア料理店でしか食べれませんが、現地、ガリシア地方では2人前が、3040ユーロほどで食べれます。美味、、なるべく人を多く誘ってわいわい食べるのがオススメ。今夜は自分へのご褒美に、、、

IMG_7121.jpg

食後、道を共にしてきた巡礼者達からの心温まるメッセージを食べ終わったホタテに頂き、最高のプレゼントをいただきました。

IMG_7434.jpg

食べ終わると、通りでは個々長い道のりを経てサンティアゴに着いた人たちがわいわい、祝福パーティーの始まり!

IMG_7144.jpg

お祭りモード満載、静かな聖夜を過ごしたい方は、中心地から外れれば大丈夫。

IMG_7146.jpg

本当なら夜通し遊びたいのを我慢して1am、明日から始まるフィステーラへのカミノに備えて渋々就寝。

スタディサプリ ENGLISH

3日目 メリデ/Melide-ペドロウソ/O.Pedrouzo 約34km 7.5時間

またも朝6時出発。星空の写真が撮れたらどんなにいいだろう。

朝日の写真しか撮れない。

しばらく行くと今日はなんと! 牛さんに遭遇!歩いてるとたくさんの牧場に出くわす。馬、羊、鶏、牛 山羊。。 そんな牛さん達をどこに連れて行くのだろう。彼らを引き連れてテクテクとニコニコしながら歩いているおばさん。 私にも手綱ひかせてくれました。 可愛い!

例の格言集。。。

酒飲みの私、お昼は大体ビールを飲みながらつまみを食べてるわけですが、ここには巡礼者ラベルのオリジナルビールが!味はいたって普通の味、でも思い出になる瞬間。

casa tia dolores bar pension

カミーノ上にあるので迷うことなし。

Casa Tía Dolores Bar Pensión

Lugar Calle de Ferreiros, 9, 15824 Outeiro, A Coruña, Spain

今日も永遠です。

犬もお疲れ

今日は少し遅く、4時頃に着いてしまった。うーん、曇り空、ちゃんと洗濯物乾くかな。。。

今夜もたくさん食べ、飲んで、いい気分で就寝。。明日はサンティアゴに到着の日!



2日目 ゴンサール/Gonzarーメリデ/Melide 約31km 7時間

 

:30am起床。6am満天の星空の中カミーノ開始。

辺りが明るくなると、周りの動物たちがまだ寝てることに気づく。

間近を通っても全く起きない。 慣れているのだろう。人間には興味なし。

朝のぶ厚い霧のせいだろうか、雲の上を歩いているような錯覚に陥る。

カフェでのコーヒータイムも終わり、暫く歩いていると何やら向こうの方が黄色い、、なんだろ。近づいていくと何と!!

こんな日向り畑はソフィアローレンの映画でしか見たことがない! かなり感動。

今日は今年いちばんの猛暑に当たってしまった。42、3度の中、熱中症にやられたらどうしようと、心配しながら歩き続ける。

カミーノを歩いていると、フィロソフィー(哲学)や、スピリチュアルな格言などに出くわすことがよくある。それらの言葉を書き留める人。

alberguealfonsoelcastro.com
albergue alfonso II el casto

melide到着! このアルベルゲ儚いおすすめ。かすかに中心から外れてるものの、クレジットカードも使えお姉さんはとても優しく、英語も話せる。まだ新しいのであまり知られていない様。

1泊 $12

https://www.google.com/maps/place/Albergue+Alfonso+II+el+Casto/@42.9172844,-8.0162263,18z/data=!4m13!1m7!3m6!1s0xd2e333d5fd265d1:0xbb2b9eb763cb4f54!2sMelide,+A+Coru%C3%B1a,+Spain!3b1!8m2!3d42.9139507!4d-8.0146915!3m4!1s0x0:0xfd8cf5fdd097ce42!8m2!3d42.9181742!4d-8.0146846

http://alberguealfonsoelcasto.com/en/

所で、melideはタコの町と言われる程タコが有名。タコ=プルポ=Pulpo は巡礼中ほぼ毎日飽きずに食べていたのだが、もしmelideでご飯を食べることがあれば是非!

ちなみにシシトウ=ピミエントスも必ずどこのバル/レストランにある。

こうしてこの夜も他の巡礼者たちとOrujo(北スペインのブランデー)ショットの連発で終了。。 明日ちゃんと起きれます様に、、、

この教会前に朝6:30amに他の巡礼者=すでに友達となった親友達と待ち合わせと頭に叩き込みながら帰宅。。。

1日目、サリア(sarria) ーゴンザール(gonzar)  約30km

カミーノ1日目.

朝5時半起床、宿のキッチンにあったお湯沸かし器で家から持っていったコーヒーを入れて飲む。6時、眠気満載の中外に出てみると、いる! すでにカミーノを歩き始めてる人がチラホラ、、それに続いて自分も歩き出す。ヘッドランプをつけて、

満天の星空の中スペインの田舎道を歩いてると思うとかなりテンションが上がる。

1時間もすると日の出とともに周りが明るくなってくる。そして周りにたくさんの人がいることに気づく。

8時頃朝食のためカフェに寄る。 ここでもスタンプ

しまった、サリアからは100kmの記しがあったはずなのに、寝ぼけてた為確認するのを忘れてた。。

こんな感じで道に迷うことはほぼなし。

ちなみに自転車でコンポステラまで行く場合、最低200km 徒歩100kmの道程をこなしていと、証明書はもらえない。

歩くこと約8時間後、午後2時頃Gonzar到着

Casa Garcia(兼レストラン)1泊12ユーロ

即シャワーを浴び洗濯

乾かしてる間に、夕食、10ユーロで前菜、メイン、デザート、飲み物(私は白ワイン1本!)かなり安くて贅沢。。

午後は他の巡礼者と話したり、この日はどこかのサッカーの試合を皆んなでみたりしながら10時頃就寝

海外旅行

NY-Coruna 9/3/16

NYーCoruna

ニューヨーク在住の私は9月3日2016、ニュージャージー州のニューアーク空港からポルト乗り継ぎで、スペインの北西、 コルーニャ(coruna)空港に着きました。9月4日着

空港から市バスでコルーニャの街中まで行き、そこからバスか電車に乗り換えサリア(sarria) という町まで。

まずコルーニャ空港からバス、電車のある街中までローカルバスで約15分ほど、1−2ユーロ乗車の祭に支払う。

https://www.rome2rio.com/s/A-Coruna-Airport-LCG/Port-of-A-Coru%C3%B1a

alfonso molina 下車、 空港〜市内間のバス停のサイン


corunaについてしまえば長距離バスターミナルも電車の駅も徒歩範囲内にある。
サリアまでバスで約4時間、電車で約2時間半、土、日、祝日は本数が減るので要注意。
https://www.rome2rio.com/s/A-Coruna-Airport-LCG/Sarria

実際私は運良くも同じ方面に行く人の車にに乗せて行ってもらい、とてつもなく早く着きました。

日本から来る場合はマドリットから、電車で約6時間, 下記参照

https://www.raileurope.com/en/us/point_to_point/ptp_results.htm?execution=e1s1&resultId=148428638&cobrand=public&saleCountry=us&resultId=148428638&cobrand=public&saleCountry=us&itemId=-1&fn=fsRequest&cobrand=public&c=USD&roundtrip=0&isAtocRequest=0&georequest=1&lang=en&route-type=0&from0=Madrid%2C+Spain+%28MAD%29&to0=Sarria%2C+Spain&deptDate0=04%2F19%2F2017&time0=8&time1=8&pass-question-radio=1&p=0&nA=1&nY=0&nC=0&nS=0

Sarria到着! 一夜を飛行機の中で過ごしたので、この日だけの宿は事前にとっておきました。

https://www.booking.com/

https://www.hotels.com/
ここで第1号スタンプをクレデンシャルパスポートにおす。


この日は終日街を散歩、

明日からのエネルギー補給の為スペイン料理を堪能。
見た目には茶色。。。でも美味! 奥の三角はスペイン版エンパナーダ!?しかも冷たい、ので温めてくれと頼むと不思議そうな顔のウェイター。後におやつみたいにその辺で売られてて、腹ごなしに食べるのがメジャーらしいという事を知る。


足りない物があったら大体何でも揃うお店。大きな街にはこういうお店がある。

今日は疲れました。明日は朝の5時半おき目指して、おやすみなさい。




行く時期

*いつ行くか

春;雨多し、風強し、静か、

夏;猛暑、混雑、宿泊施設の確保競争。

秋:天候安定、収穫時期、

冬:極寒、多数の宿泊施設閉鎖

おすすめ時期は4月末~6月、9−11月上巡。

真夏は40度を超える暑さになることが、そして皆んなの夏休み、どこにいっても人だらけ(特にフランス人の道)、アルベルゲ確保競争に疲れます。

日照時間 ヘッドランプつけて暗闇の中を歩きたいという人以外は、自分の行く時期のいいだろう。

http://www.camino-de-santiago.jp/junreiro/weather.html

1日何キロ歩くか

これは人によってまちまち、10kmくらいの人もいれば、40km以上歩く人もいる。アルベルゲ(宿泊施設)がどこにあるのかによっても変わる。

人は平均1時間で5km歩けます。 ゆっくりな人は1時間4km、早い人は6kmくらいでしょう。自分のペースにあった歩き方で十分です。

平均で1日2030km、46時間歩く人が多いといえるでしょう。

後は自分が全行程何日間でどこからどこまで歩くかによって、人それぞれでしょう。

行く決心がついたら実際に靴を履いて、バックパックを背負って、5、6時間歩くというトレーニングを始めてください。これをするのとしないのでは旅の疲れ楽しさが逆転します。



フランス人の道 9月2016

初めに、

なぜスペイン巡礼の旅に行こうと決めたのか。

理由は2つ、

1 歩く、ハイキング、トレッキング が好き。

2 スペイン語を使いたかったから。

こんな単純な理由で行くことにしたわけですが、サンティアゴコンポステラとは、イスラエルのエルサレム、ローマのバチカン、に続くキリスト教の3大聖地であり、大昔から世界中の人々が巡礼(最古の記録951年)の為に歩いて聖地に向かう道を、カミーノデサンティアゴというわけです。

そしてなぜサンティアゴが聖地になったかというと、イエス・キリストの12人の使徒のひとり、聖ヤコブの墓が没後800年を経て発見されたことによりです。

詳しくお知りになりたい方は日本カミーノデサンティアゴ教会のサイトにて、

http://www.camino-de-santiago.jp/about-santiago/index.html

そして今も世界中から巡礼のためにサンティアゴに足を運ぶ人の足は止まりません。

そんな1人になって歩いてみませんか?