ヘルシンキ最終日、 Suomenlinna島へ小旅行、サウナも堪能。

ヘルシンキだけじゃなく、ヨーロッパのどこにでもあると思う、搾りたてオレンジジュース。自分でオレンジを上に入れ、ボタンを押すと勝手に絞られて出てくる。搾りたては何よりも美味しい。

ちょっと遠目だけど、これがヘルシンキ駅の外観。

ヘルインキの街の中は本当に小さいのですぐに見て回ることができる。右奥に見えるのが大きなデパート、ストックマン。このデパートを目印にしておけばどこからも見えるし、迷ったらここに戻って来ればいい。

フィンランドといえば、Fazerのチョコレート!美味しいです!

https://www.fazer.fi/kahvilat-ja-leipomot/fazer-cafe/karl-fazer-cafe/karl-fazer-cafe/

店の中は綺麗でおしゃれ。食事をすることもでき、チョコレートの味を全部試したい人は、量り売りもしているので1つずつ買うことが可能。

今更ながら、ヘルシンキといえばムーミン、勿論ムーミンチョコも売っている。可愛いけど結構な値段。

初日に来た港へ、ここでは農家の人が野菜やフルーツを売っていたり、魚が売っていたり、屋台があったりと、フラフラするのにいい場所。カウパトリ

https://goo.gl/maps/62fwrH9je9Q2

パイステトゥト、ムイック paistetut Muikku 要は小魚のフライ、ムイックは鮭科の魚だそう。+ソテーした野菜プレート10ユーロ。 美味しかったけどちょっと脂っぽすぎて重かった。

お腹を満たした後はスオメンリナ島へ、フェリーで5ユーロ。約15分で着く、

HSL ferry

うる覚えだけど、30分ごとに出航してたはずなのでたいして待つ必要なし。予約も必要なし。細かいスケジュールは上記のリンクにて、

あれよあれよとフェリーに乗り込み出航。

Allas sea pool ここのサウナはプールも付いてくる。

https://goo.gl/maps/xTVLadMcRBA2

15分もすると着き、お散歩開始、石畳なので歩きやすい靴で行った方が無難かも。

昔は牢屋だったのかなと思わせるような部屋の数々、

ちょっとした高台の見晴らしのいい場所を見つけ、持ってきたワインとスナックでピクニック開始。まったりしながら綺麗な景色を堪能。

立派な客船、エストニアのタリンに行くらしい。

余談、フィンランドでは物価が高いので、船に乗ってタリンまで空のスーツケースを持って行って、帰りはお酒を大量に詰めて帰ってくるそう。なぜなら、船のみ税金がかからないので手間暇かけても買いに行く人がたくさんいるらしい。

待ちに待ったサウナ!フィンランドといえばサウナに入らなければ。。。

沢山あるので選ぶのに苦労するかも、サウナにレストランが付いているのもあるし、プールが付いているのもある、パーティー会場みたいになっている所もある。

その中で私たちが選んだのは、https://goo.gl/maps/N9jUw7BLeZS2

モダンな建物に、レストランが付いていて、外でゆっくり飲むことも出来る感じ、

まず入って受付の所で予約してあるか聞かれ、してないと言ったが運良くも2人の空きはあるとのことでお金を払う。ここは19ユーロ。!?結構な値段。するとタオルとロッカーの鍵をもらえる。更衣室に入る前に、カバンや靴、大きめの荷物、コートがある場合は廊下に備え付けてあるクローゼットに入れる。

身軽になった所で、女更衣室へ、番号のついたロッカーがあるので自分の鍵番号と合わせ流。水着に着替え、タオルは2枚、大きいの(体拭き用)と小さいの(座る時のお尻敷き用)、小さい方を持って奥に進んでいって、シャワーを浴び、更衣室の外に出る。

サウナは全部で3つ程、部屋によって、暑さと大きさがそれぞれ違う。皆んなの見様見真似で一緒に座る、なんか微妙。。。取り敢えず我慢するのに耐えられなくなったので外に、、、海に飛び込んでる。。こんだけ暑かったら飛び込んでしまおうかとも思ったけど、心臓発作が起きたら怖いので躊躇。

凉んだらまたサウナに戻る。サウナの中には大きな熱せられた石の入れ物を時々誰かが開けて水をかける。すると一気にジューッと蒸発してものすごい熱風の蒸気が出てくる。そして耐えきれなくなったらまた外に涼みに行く、の繰り返し。

最後の最後にここまで来たらやっぱり海に飛び込まなくてはと、結局みんなと同じく海に、、、むちゃくちゃ寒かったけどサウナでののぼせは一気に消えた。。

受付にクレジットカードを預けてあるのでまたもスプリッツを飲む。室内は暖炉などがあってぬくぬく。p.s.水はタダでいくらでも飲めるようになっているのでのぼせて倒れる前に常に飲んでおくこと。

束の間のフィンランド、満喫しました。

ヘルシンキ3日目、今日もハイキング!

今日も朝食はBBQ、とても美味しいのは間違いないけど、結構飽きてきた。やっぱり日本人は朝から肉は重たいです。

今日も晴天。皆んなに私はラッキーすぎると言われ有頂天。 朝の光に照らされキラキラ光る苔、これはかなり高い値段で売れるなぁと思わされるほど立派!

昨夜と、今朝食べた分を消化するためにも頑張って歩かなくては。

ウェブサイトでいろいろ調べてみると、カヤックができたり、ツアーがあったり、近くのカフェやキオスクの情報も書いてある。トレイルはいたって簡単なので、直接行って掲示板にかいてあるルートを見て歩くので十分。迷うことはまずありませんでした。

http://www.nationalparks.fi/en/repovesinp/services

今日も岩を登る人たちがあちらこちらに、

もしも落ちたら水の中だから逆に安全なのか、どうなのか不明。。。この水、外人の私には冷たすぎるけど、フィンランド人は慣れてるからか、水着着て入っている人もいる。。さすが雪国、寒さに強すぎ、、、

蛇発見!毒を持ってるかどうかは不明だけどそれなりに立派なサイズ。自然の中だからいるのは当たり前だけどやっぱりびっくりするよね。

ここからカヌーに乗って湖に漕ぎ出すのもとっても楽しそう。

お母さんと水辺でのんびりする親子。こんな綺麗な自然と景色の中で育ったらさぞかし良い子に育つだろうなぁと、羨ましい。。。

その横で今度はお父さんが息子に弓の射り方を教えている。本当にのどか、、、

https://repovedenkansallispuisto.fi/

テント泊ではなく、お金を払ってキャビンに泊まりたい人は上記のサイトから予約することが可能。

私たちが借りて泊まったのはこちら、下記

https://repovedenkansallispuisto.fi/

ベットは6つあり、いたってシンプル、綺麗だしそこそこ広く、調理する道具はほぼそろっている。(実際使わなかったけど) 冷蔵庫、お湯沸かしポット、電子レンジ、コーヒーメーカー、オーブン、食器など、 チェックアウトする時は自分たちで全て掃除をして(ゴミも持ち帰り)、元の状態に戻しておくこと、予約した時点で、鍵箱の暗証番号をもらえるので、その番号を入れてボックスの中から自分で鍵を出し、チェックアウトの時はまたその箱に鍵を戻すという方式、部屋はこの建物の2階、駐車場から一番近い場所にある。

楽しかった2日間もあっという間に過ぎ、帰途。。

ハイキングの帰り、少し寄り道をしてLahtiの街で夕食を食べることに、可愛い港町になっており、水辺には沢山のレストラン、バーがあってにぎわっている。

https://goo.gl/maps/fknUYVYxHx92

私はここで、サーモンシュリンプサラダを食べることに、BBQ続きだったのでしばらく肉類は遠慮しとく。。

 

ヘルシンキ2日目、Repovesi National parkへハイキング!

今日はヘルシンキから2時間半ほど車で北東したところにある、Repovesi national parkへ1泊かけてハイキングに行くことに、、、

https://goo.gl/maps/HmSh82werzn

途中のスーパーで食材などを買っていくはずが、パークの近くにスーパーはなく、結局さらに行き帰りスーパー探しに2時間無駄にしたので、もしも行こうと思う人はヘルシンキから食材を調達していった方が無難、、、、

到着、、、霧雨の中˙ハイキング開催、、

と思ったらすぐに晴れ、ラッキーとっても清々しくて綺麗なのだけど、蚊が異様にいる、計算外。なぜなら、フィンランドはあちこちに綺麗な湖がある=蚊が発生しやすい。長ズボンでくれよかった、虫除けスプレーかけても効かない、、、

結局私が一番噛まれまくり、挙げ句の果てに、アレルギー反応が起き、真っ赤に風れ上がって熱も持ってる、、涙、涙、

フィンランドはたいてい山というか、森、たいした高低差はなく、気軽にハイキングが出来る。眺めの良い上に出てもせいぜいこんなもの。でもすごく綺麗!!

見晴台、上に上がるとさらに綺麗な緑と青が、、、

 

夜7時頃、まだ全然明るい、これがいわゆる白夜というもの。夜11時ころに陽が沈み午前、2、3時頃にまた明るくなるので、いつ寝ていいのか感覚がおかしくなる。

ロッククライミングしてる人があちこちにいる!?

今日のハイキングはそろそろ終了。みんな朝早くからよく頑張りました。

バーベキュー場が所々にあるので、地図上で確認後、今夜はせっかくなので外で食べることに、このキャンプ場にて大体の人はテントを張って宿泊。BBQするのにご丁寧にも燃やす用の木が切って大量に積んであるので、火だけ持っていればチャコールを買わなくても、すぐに火が起こせて便利。

今からみんなで晩餐バーベキュー!日没が夜の11時頃なので、8、9時くらいから焼き始めても全然外が明るいので間に合う。

ワインも大量に仕入れてきたので、焼いている間、木々を見ながらだらだら、長々晩酌、、、?!紅葉してる?! いやーとにかく幸せです。

長〜い長〜い1日の終わりは、チキン、ポーク、ソーセージ、苦労して買いにいた甲斐があったと言わんばかりに美味!! 火の中に入っているのは、銀紙に包まれた芋、ホクホク!! パンもあっためて、サラダも食べて、豪華な夕食、知らない人も混ざってあーだこーだお喋りして陽が暮れてた。

ヘルシンキへ一足

今回はヘルシンキへ小旅行! 空港に着くと、、見覚えのある文字が至る所に、、、、そう日本語のサインがあちらこちらに、なぜなら日本ーヘルシンキ間、直行便フィンエアが通っているとのこと。便利、

空港からヘルシンキの中心市内までは電車で約30分、5ユーロ。空港には分かり易く電車のマークが有るので追って行けば間違いなくすぐ着きます。クレジットカードでも切符は買えるので便利、

切符を買ったらエスカレーターで地下に、広くて綺麗なホーム、PとIラインが10分間隔で通っていて、どちらに乗っても中心地ヘルシンキ駅まで行くので心配なく。ただ空港から市内へはPの方が数分早い模様。逆に市内から空港へはIの方が数分早く着く、

日本の電車みたいに時間通りに来て発車。

電車に乗ると、次の駅が電光掲示板にちゃんと記されるので心配なく乗っていられる。

と地元の人は電車の中で切符を買っているのか。急いでいて切符を買いそびれた時は電車の中でもいいかも。(ネット情報では2017の6月から車内販売はなくなったということらしいが、みんな買ってたような、何をしていたんだろう。。。)

でもそういえば切符を買ったものの改札らしきものを通った記憶はないので、切符を持ってようが持ってなかろうが意味がなさそう。。。てタダ乗りはしてませんが、もしもタダ乗りが見つかったら多分結構な額のチケットが切られる気がする。。。ちゃんとチケット買ってくださいね。

電車の中はそれなりに広々としているので、自転車や車椅子、スーツケースなどを置けるスペースもある。

駅に到着、結構雑踏としている。

街の中は小さいので正直1日あればほぼ見て回れるほどの大きさ。自転車(シティーバイク)を借りてふらふらする事に、私は1週間10ユーロを借りることに、http://www.visithelsinki.fi/ja/come/getting-around-in-helsinki/siteibaiku

 

まずは港kauppatoriへ、https://goo.gl/maps/shLesXo7PP72

ここからはフェリーも出ており、suomenlinna島へ5ユーロで行くことも可能。後日行きました、

helsinki cathdral. 大きな広場、

https://goo.gl/maps/xpTw4EEX7hk

海沿いを自転車でルンルン漕いで行って、kaivopuistoへ.    puistoとは公園という意味なので、カイボ公園となるかな。ここで持ってきたワインと、スナックでひと休憩のピクニックをすることに、とっても綺麗な眺め。いろんな角度から海、街、丘が見える。大きな公園なので、イベントが開催されたるもするらしい。

https://goo.gl/maps/Vb7jVoXuriJ2

すごい数の鴨!ついこの間まで灰色だった産毛の子供がみんな大人に変わったらしい。車も止めて横断中、かなり渋滞してました。

この日は珍しく丸1日夏日の天気だったため、みんな外に出て日向ぼっこしたり、飲んだり食べたり、すごく嬉しそう。聞くところによると、こんなに暖かくいい天気になることは珍しいので天気のために仕事を早く切り上げて日向ぼっこを楽しみに来てるんだとか、中には仕事を休んでしまう人も。。。

この先をどんどん進んでいくと今度はサウナの建物に遭遇。モダンな感じでオシャレ、レストランにもなっていて、夜はパーティーがあるらしい。今日は通り過ぎただけで遠くから眺めた、ヘルシンキと言ったらサウナ、後日入りましたよ。https://goo.gl/maps/A1t2biNYwpj

サウナも通り越して、先の方までくると、Hernasaaren Rantaと言う野外コンサートができそうな広場に、周りに出店みたいな食べ物屋さんが沢山ある場所がある。そこで

https://goo.gl/maps/NYGrYQ7W7Zs

夏といえばスプリッツ/spritz、 もともとはイタリアの飲み物で、プロセコと+アペロル+炭酸水+氷+オレンジを混ぜたもの。 海を眺めながら優雅な午後のひとときを堪能。。

今夜の夕食、何が食べたいかと聞かれたので、海の町であるから海鮮が美味しいに違いないと思ったので、シーフードとリクエストしたところ連れて行かれたお店。mama rosa オシャレで味付けも上品な感じ、ただパンの籠を持ってきて一つどうぞと言われたのには正直びっくり、超高級店ではないけれど、そこそこいい値段のする店でパン一切れ、みんなが手を入れて取ってると思うとうそでしょ?しかも1切れだけ?うーん、、、、ありえない。。。

https://goo.gl/maps/njFqkr2yFa72

何はともあれ、綺麗でオシャレな海の街ヘルシンキ。。